• 生年月日
  • 昭和57年 栃木県生まれ
  • 趣味
  • サーフィン・ジョギング・映画
  • 合同会社HRC代表
  • 企業理念「心の拠り所を創造する」
  • 取得資格
  • 調理師
  • 日本フードアドバイザー協会認定 飲食店経営プランナー

  • 生年月日
  • 昭和57年 栃木県生まれ
  • 趣味
  • サーフィン・ジョギング・映画
  • 合同会社HRC代表
  • 企業理念「心の拠り所を創造する」
  • 取得資格
  • 調理師
  • 日本フードアドバイザー協会認定 飲食店経営プランナー

略歴

18歳の時から飲食業、建設業、風俗業、製造業、営業など様々な職種を経験して、最終的に飲食店経営者になると心に決める。
それから地元栃木を始め、東京・千葉・埼玉と25以上の飲食店舗を渡り歩く。

何のお店をやるのか決めていない状態で「ステーキ」「たこ焼き」「鉄板焼き」「焼き鳥」「ラーメン」「焼肉」「蕎麦」などその時に興味があるもの全てやっていった。
時にはアルバイトで働いていた会社の社長からやる気を買われ社員さんが大勢いる中、いきなり立上げに携わる事もあった。
この時の経験は大きく、社員に昇格し、アルバイトと共に夕方5時~翌朝10時迄の営業。自宅に帰ってシャワーを浴びて又出勤…なんて日が多かった。

しかし、その甲斐もあってビル2階18坪スナック居抜きでOPEN3ヶ月目の8月に月580万円の売上を上げる。
その反面、体力と気合いが持たず笑顔が出なくなり、うつ病になり退社する。
2ヶ月程、療養をして仕事は職場を転々としながら、昼・夜掛け持ちしながら食費を1日100円に切り詰め、節約生活を続けていく。

そんな中、付き合っていた女性との間に第1子が誕生して結婚する。
一度も持ち家に住んだ事が無いので「家が欲しい」と思い、計画を見直し、30歳でマイホームを購入。更に翌年31歳の時に第2子も誕生。
そのまま、その時勤めていたローカルラーメンチェーン店を辞めて無職のまま、物件探しを始める。

しかし、その甲斐もあってビル2階18坪スナック居抜きでOPEN3ヶ月目の8月に月580万円の売上を上げる。
その反面、体力と気合いが持たず笑顔が出なくなり、うつ病になり退社する。
2ヶ月程、療養をして仕事は職場を転々としながら、昼・夜掛け持ちしながら食費を1日100円に切り詰め、節約生活を続けていく。

そんな中、付き合っていた女性との間に第1子が誕生して結婚する。
一度も持ち家に住んだ事が無いので「家が欲しい」と思い、計画を見直し、30歳でマイホームを購入。更に翌年31歳の時に第2子も誕生。
そのまま、その時勤めていたローカルラーメンチェーン店を辞めて無職のまま、物件探しを始める。

親戚身内から「なんで、こんな時に独立するんだ!」「何考えてるんだ!」とバッシングの嵐の中、3ヶ月後に物件を見つけて生活金融公庫から1000万を借り入れ、「小山で1番アットホーム」を掲げて居酒屋を始める。
「絶対、俺なら成功出来る!」と自身満々だったが、お客様が3カ月全然来ない状態で赤字状態。破産も覚悟した。
妻とも激しく喧嘩をした事もあった。目の前のお客様に必死の想いで接客をしていった。寝る間も惜しんで一人でランチ営業をしたりもした。
そして4カ月目からいきなり客数が増え、黒字化した。

32歳で知人の紹介でFCラーメン屋1号店をやって欲しいと頼まれ、ラーメン屋を始める。
しかし、1年足らずでFC本部が破産した為、急遽自社ブランドに変更して営業。その後、ラーメン店開業希望者に譲渡した。

居酒屋の方は十分な利益は出ていたが、キッチンが職人頼りで原価も30%以上だった為、「仕込み、調理、管理が今より簡単で利益が出せて、更に差別化出来るものにしたい!」と強く思いリニューアルする。
改善に改善を繰り返し続けていき、ついに自身が現場に入らなくてもFL(材料費+人件費)を常に45%以下で安定させる事に成功する。

居酒屋の方は十分な利益は出ていたが、キッチンが職人頼りで原価も30%以上だった為、「仕込み、調理、管理が今より簡単で利益が出せて、更に差別化出来るものにしたい!」と強く思いリニューアルする。
改善に改善を繰り返し続けていき、ついに自身が現場に入らなくてもFL(材料費+人件費)を常に45%以下で安定させる事に成功する。

利益が出せず夢半ばに閉店していく人や、本当はもっと稼ぎたいのに「俺はなんとか暮らしていければいい」と寂しい顔を見て「本当に困っている飲食店の力になりたい」という想いと、「栃木県は自身のノウハウを積極的に外部に教える人間が少ないよな?」という疑問から「だったら自分がやろう」と、自身の経営する居酒屋をスタッフに売却して1から小規模専門の繁盛サポーターを始める。

メッセージ

僕はこれからの日本は更に生き残りが難しい時代が来ると確信しています。
飲食業にフォーカスを当てると、開業して2年以内で約50%、3年以内で70%が廃業しています。
2016年の業種別廃業状況でも「飲食・宿泊業」がトップという事実です。

そして追い打ちをかけるように
「若者の減少、酒離れ、外食離れ、深夜客減少、賃金増加、消費税UP・・・」他にもまだまだ。
これでも今はまだ始まりにしか過ぎないのです。
現に僕の周りでも数年前には周りから「やり手」と言われていた多店舗展開している経営者さん達がここ最近で何人も破産しています。

こんな時代だからこそ、「リスクの少ない繁盛店作り」にこだわりたいのです!
こんな時代だからこそ、「いくら売るか?ではなく、いくら利益が残るか?」を重要視したいのです!
こんな時代だからこそ、「売上が下がっても店を存続できるのか?」

という事も大切なのです!

僕も居酒屋を始めて沢山の悩み、壁に当たりました。
相談する相手もいない。僕なりに勉強して色々な事を試して失敗と成功を繰り返し、ガムシャラに突き進んだ結果、今があるのです。

今の現状をどうにかしたい方、一人で悩み続けないで下さい。
まずは気軽にお問い合わせ下さい。

僕が直接一人一人真摯に対応させて頂きます!!

実績店舗一覧【例】

※動画の再生に少しお時間がかかる場合があります。

お問い合わせフォーム